不妊カウンセリングを受けるべきか

不妊カウンセリングを受けるべきか

不妊カウンセリングを受けるべきか

現在は不妊のカウンセリングには二種類あります。一つ目は心理の専門家である臨床心理士とのカウンセリング。教育現場や発達など専門の分野の一つとして不妊の分野も存在するのです。

 

学校等と同じで不妊専門のカウンセラーが病院や、医療機関に常駐することはめったにありません。週に数回とか月に数回など日にを決めてカウセリングを行うことが多いようです。

 

このカウンセリングは基本的に通院患者向けに行っているのがほとんどですが、まれに患者以外のカウセリングを行う施設もあるようです。不妊カウンセリングの料金は無料のところから5000円程度がほとんどのようです。

 

また、現在では日本生殖医療心理カウンセリング学会というところが、正しい知識と技能、経験を持っている生殖心理カウンセラーを育成しているようです。これらのことにより、今後は全国的に生殖心理カウンセラーは増えていくようです。

 

不妊カウンセリングを受けるべきか

二つ目は、不妊相談所などにいる学会認定を受けた不妊カウンセラーが、不妊治療を受けるのか、受けないのか。受けるならどのような治療にするのか。どこで行うのか。などの相談を受けてくれます。

 

体外受精を行う際の不安やストレス、判断の手助けには体外受精コーディネーターが行うようです。この体外受精コーディネーターは日本不妊カウンセリング学会が認定する資格です。また、体外受精コーディネーターは治療内容の説明や術後の相談、疑問や不安点などの相談を受けてくれます。

 

 

不妊治療時の初診の際や体外受精治療を行う前に治療の説明を兼ねたカウセリングが実施される場合も多くあるようです。おおむね費用は無料です。

 

このように不妊のカウンセリングには二つの種類があります。それぞれの目的や方針、治療方法に合わせたカウンセリングを受けることをおすすめします。不妊というのは非常にデリケートな問題です。カウンセリングはもちろん、パートナーにも相談してみるのもよいでしょう。

 

不妊カウンセリングを受けるべきか

 

 




このエントリーをはてなブックマークに追加