30歳を過ぎたらイースタティックミネラル配合のミトコアで卵子のエイジング対策を

30歳を過ぎたらイースタティックミネラル配合のミトコアで卵子のエイジング対策を

 

30歳を過ぎたらミトコアで卵子のエイジング対策を

 

現代の多くの女性が誤解していることの一つに、「女性はいつでも妊娠できる」というものがあります。不妊に関する情報が溢れかえるなかでもこのような誤解が多くあるようです。その原因の一つにTVやネットでの芸能人の〇〇さんが45歳で妊娠したとか、有名人のあの人は43歳を過ぎても体外受精にチャレンジしているといったニュースがあると思います。

 

しかしこれらは大きな誤解です。生物である限り人間は誰であっても1年に1つ年をとります。ある程度の年齢を過ぎると例えば、目尻の小じわが気になってきたり、今まで簡単に出来ていたことができにくくなったり、思うように運動ができなくなってきたりした時に、自分の老化を感じると思います。

 

見た目や動作は比較的認識しやすいので、自分の老化を自覚しやすいのです。表面的に老化したということは内面も老化したのと同じです。人体にある臓器、肝臓も心臓も腎臓も胃も当然ながら老化していきます。ですから女性の場合は卵巣も同じく老化します。つまりそこで作られる卵子も老化していくのです。しかしながらこの卵子の老化は普通は自覚はできません。また、このような卵巣の老化が不妊の原因であるという情報もあまり知られていないのではないでしょうか。

 

学校の保健体育の時間に避妊や生理、性行為や妊娠などの知識を学習する機会はあるのですが、妊娠適齢期ということに関してはその知識を得る機会はなかったのではないでしょうか。

 

しかし、現実として女性は30歳を過ぎると徐々にではありますが確実に卵巣の老化が始まります。そして35歳を過ぎるとその速度が上がってきます。つまり30歳を過ぎると確実に卵子も老化していくのです。

 

最近では昔と違い不妊をドライな感覚で捉える人が増えてきましたが、やはり「妊娠をすることができない」「不妊治療」などといったことはその女性に大きなストレスを与えていることでしょう。さらに不妊の事実を重く受け取れば受け取るほど、妊娠から遠ざかるという不妊悪循環に陥りやすいのも事実です。

 

妊娠という行為は当然夫婦の協力がなければ成り立ちません。事実、夫婦が協力的に不妊治療にあたっているような方々には、それなりの妊娠する確率が高くなっています。これは不妊治療は検査や治療のほとんどが女性の側にほとんどのしかかるためで、男性がそれに気を使ってあげて精神的にサポートやフォローをしてあげることが、妊娠に近づく第一歩です。

 

30歳を過ぎて不妊を考える場合はこのような卵子の老化を考えたほうが、妊娠に近づきやすくなります。また、卵子と同じく精子も老化していきますからどちらも老化を改善すれば、なおさら妊娠に近づけることでしょう。

 

30歳を過ぎたらミトコアで卵子のエイジング対策を

イースタティックミネラル配合のミトコアならイースタティックミネラルによる卵子や精子の若返りが期待できるようです。イースタティックミネラルが卵子や精子のエネルギーの元になるミトコンドリアに作用して卵子や精子を元気にし若返らせるというのです。

 

元気な卵子と精子なら当然ながら妊娠をする確率は大きく上がります。しかもミトコアは1日に3〜9粒を飲むだけなので、手軽に不妊治療が行えそうですね。

 

高額な不妊治療に比べても経済的ですし、痛みも伴いません。産婦人科で妊娠している方を見て羨ましかったり、負い目を感じこともなく、自宅でしっかりと不妊治療が行えるんです。

 

妊娠できないのは女性にとってかなりの精神的ストレスになります。姑や姑の目が気になったり、無神経な発言をされたり、妊娠している人を見ると異常に羨ましくなったり、自分の体に不具合があるんじゃないかなどといったことで、自分が押しつぶされそうになる方も多くいます。

 

そんなストレスに押しつぶされる前にイースタティックミネラル配合のミトコアを試して見てはいかがですか。

 

30歳を過ぎたらミトコアで卵子のエイジング対策を

 

 




このエントリーをはてなブックマークに追加