不妊症は病気?ミトコアがお手伝いします。

不妊症は病気?ミトコアがお手伝いします。

 

不妊症は病気でしょうか?どのような状態を不妊というのでしょうか?

不妊症は病気?ミトコアがお手伝いします。

当然のことですが赤ちゃんを望まなければ不妊症は起こりません。不妊症が成り立つのは夫婦が赤ちゃんを欲しいと望んだ時だけです。また不妊症には他の病気のように、明確な診断基準はありません。他の病気はその病気になった人、個人の問題ですが不妊症はあくまでその夫婦の問題であり、それは男女のどちらかに生殖的に問題があっても同じです。

 

こんな事をいう方もいます「普通のセックスをしていて、特に避妊もせず2年たっても妊娠をしなければそれは不妊である」

 

しかしこの言葉のなかの普通のセックスの意味やとらえ方は人によって違っています。具体的な話をすると月に1回のセックスをするのが普通である場合もありますし、週に2回、毎日というのが普通という夫婦もあります。何が普通であるのかはその夫婦によります。ですのでまず肝心なことは妊娠しないからといって、自分たちは不妊であると簡単に決め付けないことです。

 

およそ1割の夫婦が不妊に悩んでいるという現代、しかし妊娠しないからといってすべての夫婦に不妊治療をおこなわなければならないといった事はありません。高度生殖医療である体外受精や顕微授精を行っている医療機関でも、赤ちゃんを授かった夫婦の70〜75%はタイミング法で妊娠に成功しています。

 

このタイミング法は排卵日に合わせてセックスを行うもので、タイミングを図って自然妊娠に近づけるというものです。実際には排卵日の前後にも妊娠の可能性があるので、チャンスは広がります。

 

不妊で悩む夫婦の1割は高度生殖医療を行う必要があるようです。しかし残りの9割には普通に妊娠できる可能性があるのです。このことをふまえて不妊治療の精神的、肉体的なストレスを少しでも軽減しましょう。とくに不妊治療においては男性より女性のほうがは負担は大きくなります。また、経済的、時間的な負担もあります。残念なことにこのようなストレスで、せっかくの不妊治療が不妊をさらに悪化させるという「不妊治療不妊」という本末転倒な現象もあるようです。

 

せっかく妊娠できる可能性があるのに、過剰な不妊治療によってセックスレスになった夫婦もけっこういるようです。こうなったら何のための不妊治療かわからなくなってしまいます。

不妊症は病気?ミトコアがお手伝いします。


不妊治療を行う前にもできることはおおくあります。まずはそこから妊娠への第位一歩を踏み出しましょう。現代は医療の質が問われる時代。夫婦自信がどんな妊娠を希望するのか、そのあたりも夫婦でしっかりと考えることも大切です。

 

不妊は1分1秒を争うほどの病気ではありません。逆に言えば焦れば焦るほど妊娠は遠のくと思いましょう。

 

生殖機能に問題のない夫婦でも1回の生理周期における妊娠率は15〜32%というデータがあります。人類に一番近い哺乳類であるチンパンジーは70%、マウスに至ってはほぼ100%の妊娠率になっています。つまり人間は基本的に妊娠しにくい生き物なんです。このことを知っていれば少しは肩の荷が降りるのではないでしょうか。

 

この低い妊娠率を少しでも上げるためにミトコアを飲んでいる夫婦が最近では多くいるようです。ミトコアは今話題のイースタティックミネラルを配合した不妊サプリです。イースタティックミネラルは卵子や精子の中にある、それらを活動するためのエネルギー源を作るミトコンドリアに働きかけ、卵子の質を上げ精子の遊泳力を上昇させる効果が期待できようです。

 

 

つまり卵子と精子を若返らせ、質の高い卵子と元気に泳ぐ精子でより妊娠の確率を上げるのです。また、質の高い卵子と元気な精子でできる赤ちゃんは丈夫なことが多いようです。

 

今話題のイースタティックミネラル配合のミトコアで、少しでも妊娠の確率を上げてみては。

 

不妊症は病気?ミトコアがお手伝いします。




このエントリーをはてなブックマークに追加