排卵日検査で陽性反応がでたら(不妊解消)

排卵日検査で陽性反応がでたら(不妊解消)

排卵日検査で陽性反応がでたら(不妊解消)

排卵検査薬で陽性反応が出たら、3日連続でセックスをしてみましょう。排卵検査薬で陽性反応がでたその日だけセックスをするカップルが多くいますが、実は反応が出た後にも妊娠する可能性は高いのです。

 

LH(黄体形成ホルモン)がピークになることをLHサージと呼び、LHサージのピーク時に排卵検査薬は最大の陽性反応を示します。ここで勘違いしないで欲しいのはこのLHサージのピーク時に排卵が行われるのではないということ。排卵はLHサージのピーク時から16〜24時間後にされるのです。

 

このことから見ても排卵検査薬で陽性反応が一番強く出た日より、翌日のほうが妊娠の確率は上昇するのです。精子の寿命はおよそ3日、卵子は12〜24時間になっています。排卵日の前日も妊娠の可能性はありますのでこれらを考えると排卵時期の前後に、可能な限りセックスをするのが、卵子と精子の出会いう確率が上がり、これはつまり妊娠する確率が上昇するという事になります。

 

ただここで気をつけなければならないのが、気持の問題。妊娠を強く望みすぎるあまり結果として妊娠を遠ざけている場合も多いのです。妊娠はセックスの結果的なものであって、妊娠が目的のセックスではないのです。この辺りを心に置いておくことが妊娠への近道かもしれません。

 

妊娠を望むのであれば二人の気持の合致と、無理のない範囲で行うことが大事です。

 

また、セックスの回数を増やすと精液が薄まるのではないかという疑問もあるようですが、妊娠するには排卵し卵子が放出された時に精子がそこにいること。実際の問題として精液が多少薄まることはあっても、ほぼ問題のない数値ですのでその辺りの問題はないということです。肝心なことは排卵時にそこに精子があること。これが妊娠の絶対条件です。

 

また、高度生殖医療を行っている医師の経験談によると多くの場合、数時間という短い間に精液の検査を行うと、再度採取した精子のほうが運動率が上昇しているようです。このことから高度生殖医療を行っている医療機関では、体外受精を実施する時に精子の運動率が低い場合は、1時間ほどたってから再度精子を採取しなおし運動率があがっている方を使用するところもあります。

 

また、女性にとって35歳くらいが妊娠適齢期の一つの限度ということも言えます。命を宿す場所、すなわち女性の子宮をゆりかごと考えた場合、若いほうがその機能や性能は若干いいと言えます。ただそれだけで若い女性が妊娠しやすいというとこは別の話です。ただ統計的に見て若い女性が妊娠しやすい原因は、そのカップルが若いということが理由のようです。つまり若いカップルの方がセックスの回数が多いということです。

 

排卵日検査で陽性反応がでたら(不妊解消)

ある産婦人科のエピソードに不妊に悩んでいるカップルに、不妊治療やそれらに関する治療を行う前に一つの提案をしました。これらの不妊で悩むカップルに基礎体温をつけてもらい、排卵時期を見計らって、そのあたりに必ず3〜4日連続でセックスをしてくださいというものでした。また、普段のセックスの回数も倍に増やしてくださいともアドバイスをした所、見事に妊娠するカップルが相次いだそうです。

 

意外とこのようにセックスの回数を増やすだけで高価な治療や検査をしなくても、妊娠するカップルが多いというのも事実のようです。ただし、セックスの回数を義務的に増やすことは避けましょう。特に男性はそれを意識し過ぎると気持ちがなえることも多いので、気をつけましょう。これを意識し過ぎてセックスレスになるカップルも意外と多いようです。お互いの気持や気分を思いやることも大切です。

 

まとめると、妊娠するには排卵した時にそこに精子が存在することが非常に大切。さらにその卵子の質や元気な精子であればより良い結果を残せます。イースタティックミネラル配合のミトコアなら、飲むだけで卵子の質を上げ、精子を元気にする効果が期待できるようです。これはイースタティックミネラルが卵子や精子の細胞内にある、エネルギーを生産するミトコンドリアに働きかけるため。これにより卵子や精子が若返るからでしょう。

 

 

 

いまこのイースタティックミネラルが話題になっています。ミトコアはこの話題の成分のイースタティックミネラルを配合。これまでにない新しい発想で不妊に悩むカップルに人気のあるサプリです。

 

 

排卵日検査で陽性反応がでたら(不妊解消)




このエントリーをはてなブックマークに追加