ミトコアと不妊治療

ミトコアと不妊治療

 

不妊治療は多くの場合、タイミング法から始まります。排卵の時期に合わせてセックスをするのです。それでも妊娠しなければ次のステップとして、人工授精を行います。残念ながらそれでも妊娠しない場合は体外受精や顕微授精を行います。その間子宮卵管造影検査や卵管通気検査、頸管粘液検査などを受けます。

 

このような検査を行いながらおよそ半年から1年程度タイミング法を試します。それで効果がない場合は5〜10回程度実施し、それでも妊娠しなければ体外受精や顕微授精へと移行していくのが一般的な不妊治療の流れです。

 

ミトコアと不妊治療

 

不妊治療は登山に似ています。山の麓のスタート地点から、5合目辺りまではタイミング法を行います。さらに登っていって8合目くらいまでは人工授精を行い、8合目から頂上までが体外受精や顕微授精などの高度不妊治療になります。実際の登山と同じでこの8合目から頂上までが一番キツイのです。

 

 

また、この不妊治療という登山は下り道はありません。途中まで登ったカップルが下を振り返ることもありません。そして登頂にトライするカップルが妊娠(登頂)できない場合は、何度も高度不妊治療を繰り返すか、妊娠をあきらめるかの選択をします。この高度不妊治療は1回あたり20〜65万円と高額です。ですので経済的、肉体的、精神的な負担が非常に大きくなってきます。

 

不妊治療は妊娠できる、できなかったという二択しか答えはありませんので、思ったような結果が出ないとどうしても焦りがちになります。ですので不妊治療を受ける場合はどのような治療をし、どこまで納得した治療を受けるのか、いくらまで金額をかけるのか、このあたりをしっかり確認しておくことが重要です。

 

この中でもタイミング法は家庭で行え費用もほとんどかかりませんので半年から1年程度続けてみるのもよいでしょう。とにかく焦らないことが肝心です。そしてこれらの不妊治療に欠かせないのがイースタティックミネラルを配合したミトコアです。ミトコアは卵子の質を上げ、精子の活力をあげるイースタティックミネラルを主成分としています。このイースタティックミネラルは卵子や精子のミトコンドリアに働きかけ、卵子や精子を若返らせる効果があるようです。

 

 

高額な高度不妊治療を行う前に、ぜひミトコアを飲んでうれしい報告ができますようにお祈り致します。

 

ミトコアと不妊治療




このエントリーをはてなブックマークに追加