ミトコアと排卵誘発剤

ミトコアと排卵誘発剤

 

ミトコアと排卵誘発剤

ほとんどの不妊治療はタイミング法から始まります。不妊の原因が男女共に見当たらない場合は、経腟超音波検査で排卵日を予想し、セックスをする日にちを指導してくれます。この時に少しでも妊娠の確率を上げるために処方されるのが排卵誘発剤です。

 

処方される方の中には排卵誘発剤と聞くと、まゆをひそめたり、障害を持った赤ちゃんが生まれるのではといったことを耳にします。しかし、そのようなことはありませんので、安心してください。排卵誘発剤はその名の通り排卵を促すための薬です。さらに、黄体機能を上昇させ基礎体温を安定させる効果があります。

 

排卵誘発剤は卵巣を刺激するための薬で、卵子自体にはその作用はありません。つまり排卵誘発剤を使ったからといって生まれてくる赤ちゃんに障害は出ませんし、そのようなデーターもありません。

 

排卵誘発剤で一番多く使われるのが経口薬の排卵誘発剤である、クロフェミンです。商品名としては、クロミッド、フェミロン、セロフェンといわれるものです。クロフェミンは普通、生理がない人や無排卵月経の人に処方される薬ですが、それにとどまらず黄体機能不全の解消や人工授精時の妊娠確率の上昇など幅広く使われます。

 

このため排卵誘発剤=クロフェミンというイメージがあるくらいです。クロフェミンは脳に作用しFSH(卵胞刺激ホルモン)を分泌させ、間接的に卵胞の発達を促進し、排卵をうながします。

 

このように広く使われるクロフェミンですが、当然の事ながら副作用もあります。長期間の服用で子宮内膜が薄くなったり、頚管粘液が少なくなるなどを起こす場合があるようです。また、クロフェミンを服用して妊娠をした場合、自然妊娠よりも流産の確率が上がるようです。(ほとんど変化がないというデーターもあるようです)後、吐き気や頭痛といった症状もまれに発生するようです。

 

また、排卵誘発剤を服用し妊娠した場合双子や三つ子などの多胎の心配もあるようです。クロフェミンを服用した場合5%の確率で双子が生まれるようです。しかし、自然妊娠でも1.25%の割合で双子が生まれるので、驚くほどの確率ではないようです。また、三つ子が生まれる確率は自然妊娠と変わりがないようです。

 

クロフェミンは普通、生理が始まって4〜5日目から服用をします。その場合1日1錠を5日程度服用します。医師によっては副作用の問題から生理が始まった日から、または3日目くらいから服用する場合もあります。

 

同じように経口タイプの排卵誘発剤にはセキビット(シクロフェニル)があります。このシクロフェニルはクロフェミンと同様に排卵を促進させる効果があります。セキビットはクロフェミンのように子宮内膜が薄くなったり、頚管粘液の減少といった副作用がほとんどないのですが、クロフェミンほど排卵促進効果は高くないようです。

 

いずれにしろ排卵誘発剤をつかって排卵された卵子は少しでも質を上げておくのが妊娠への近道です。せっかく排卵させても質の低い卵子では妊娠の確率が下がってしまいます。イースタティックミネラル配合のミトコアを飲めば卵子の質を上げることが効果が期待できるようです。ミトコアに配合されているイースタティックミネラルが卵子や精子のミトコンドリアに働きかけ、卵子の質を上げ精子を元気にさせるようです。質の高い卵子と元気な精子であればそれだけで妊娠の確率は上がるのは当然なんでしょう。イースタティックミネラル配合のミトコアならそんな効果が期待できます。

 

ミトコアと排卵誘発剤

 

 




このエントリーをはてなブックマークに追加