不妊の原因を自分でチェック

不妊の原因を自分でチェック

 

不妊の原因は人それぞれですが代表的には4つの原因が大きく占めているようです。

自分でできる不妊チェック

 

1.卵管に何らかの異常がある場合  約30%

 

2.精子に何らかの異常がある場合  約30%

 

3.排卵や卵子に異常がある場合   約15%

 

4.子宮内膜症がある場合       約15%

 

5.その他                 約10%

 

この内厄介なのは、5のその他の原因です。いわゆる原因不明となる場合です。この場合卵子の質の低下や精子の遊泳力低下などがあげられます。

 

まずは、一度自分で不妊チェックを行ってみてください。

 

 

自分でできる不妊チェック

女性の方が痩せすぎもしくは太り過ぎていませんか?

 

 

過度なダイエットによる痩せ過ぎや肥満は排卵障害の原因になってしまう場合があります。

 

 

自分でできる不妊チェック

仕事の頑張りすぎで過労になっていませんか?

 

仕事が忙しいという人が多くなっています。仕事による疲労でセックスレスになるカップルも増えています。当然セックスレスになると妊娠しません。また、仕事のストレスや、強い負担でうつ病になる人が増えているようです。

 

 

自分でできる不妊チェック

持病を持っていませんか?

 

糖尿病、子宮筋腫、性病、甲状腺の病気、胃腸の病気などは不妊と大きく関係してきます。

 

 

自分でできる不妊チェック

常用している薬をチェックしてみてください。

特定の胃腸薬や降圧剤、抗不安剤、高脂血症の薬などはホルモンの働きに影響を与える場合がありますので、一度薬剤師などに相談してみましょう。

 

 

自分でできる不妊チェック

過剰な喫煙をしていませんか?

 

喫煙は1日20本つまり1箱以上吸うと精子の染色体に影響を与えてしまいます。その結果不妊の確率が上がってしまいます。また、男女に言えることですが喫煙は流産や早産の確率を上昇させます。不妊で悩んでいるのなら、今後の妊娠や子育てを考えて禁煙しましょう。

 

 

自分でできる不妊チェック

セックスレスになっていませんか?

 

仕事などのストレスや疲労でセックスレスになるカップルが増えているようです。当然セックスをしなければ妊娠することはありえません。お互いの体を気づかってという場合も多いとは思いますが、妊娠を望むなら頑張ってセックスを行いましょう。

 

 

上記のチェック項目のうち過労、ストレス、喫煙、薬の服用は活性酸素を大量に発生させてしまいます。この活性酸素は細胞を酸化させ、老化させてしまいます。当然精子や卵子も酸化されるので妊娠の妨げの原因になっていきます。

 

また、不妊だけでなく活性酸素は、感染症を除く病気の原因の90%を占めているということが最近の研究でわかっています。

 

この悪の元凶の活性酸素を効率的に体外に排出してくれるのが水素です。水素はポリフェノールやコエンザイムに比べてもはるかに強力な抗酸化作用があります。しかも副作用は一切ありません。

 

水素を効果的に体内に取り込むには水素水を飲むのが一番です。水素は宇宙一小さい分子で、人体にある60兆個もの細胞にしっかりと届くのです。その数実に細胞1個に対し水素分子200万個以上になります。

 

そしてそこで悪玉の活性酸素と結合し水に変えて、体外に排出します。特に卵子の抗酸化(アンチエイジング)は水素でないと、届かないといわれています。
(ビタミンCやコエンザイム、ポリフェノールでは分子が大きすぎて入っていけないため)

 

つまりミトコアで精子や卵子のエネルギー源であるミトコンドリアにエネルギーを与え、水素水で卵子や精子の細胞を若返らせて質を上げれば妊娠の確率は自然に上がっていくことでしょう

 

ミトコアの口コミや効果はこちらからミトコア口コミは?効果は?




このエントリーをはてなブックマークに追加