女性の妊娠適齢期とミトコア

女性の妊娠適齢期とミトコア

 

女性,妊娠,適齢期,ミトコア

最近よく耳にする「妊活(妊娠活動)」という言葉。

 

「妊娠適齢期を過ぎたら、妊娠しなくなるのでしょうか?」

 

「子供を授かりたいけど、年齢的に無理なんでしょうか?」

 

こういったお悩みを持つ女性は多くいるようです。

 

また、「姑や舅、親戚の目が気になる」「デリカシーのない発言に傷つく」といった悩みも多くあるようです。

 

当然ながら、妊娠適齢期を過ぎても妊娠をすることは可能ですし、実際にある程度の年齢を過ぎても妊娠されている女性も多くいます。

 

このように考えると「妊娠適齢期を作るとことに意味は無いのでは?」という意見も出てきそうですが、実際にはそうではありません。

 

より確実に妊娠をして、より安全に出産し、その後の育児をきちんと行うには、やはりある程度の適齢期を設けておく必要があります。

 

普通、妊娠適齢期は20〜35歳位であるといわれています。

 

下の20歳はわかるでしょうが、上の35歳には何の意味があるのでしょうか。

 

これは35歳を過ぎてくると、受精卵になるための健康な卵子の数が一気に減ってくるためです。

 

いわゆる卵子の数の低下というものです。

 

こうなってくると若いころの健康な卵子が多い頃に比べ、どうしても妊娠しにくくなってしまいます。

 

また、一定の年齢を過ぎると卵子の数が激減するだけでなく、卵子の老化も起こります。

 

つまり妊娠適齢期を過ぎると、卵子の数の激減、卵子の質の低下、妊娠維持力の低下、などこのように段々と妊娠に対するリスクが増えていくことになるのです。

 

多少のズレはあるとはいえ、卵子の減少と卵子の老化はすべての女性に確実に訪れます。

 

これらの問題を解消すべくミトコアは開発されました

 

現代では、一昔前に比べて初婚の年齢は上がってきました。

 

これは現代のようなライフスタイルではどうしようも無いことです。

 

女性の社会進出が進み、それなりのポジションにつく女性も多くなってきました。

 

当然、そのような環境では仕事が優先的になり、恋愛や結婚などを考えている暇が無いのかもしれません。

 

それまあった寿退社といった言葉はもはや死語になってきています。

 

結婚したら仕事をやめて家庭に入り妊娠し出産、その後育児に励むという流れは、もはや現代では通用しなくなっています。

 

高齢妊娠や高齢出産といった言葉もよく聞くようになりました。

 

現代は女性でも今後の自分の選択肢は多く出来てきました。

 

金銭的にもある程度の余裕がありますし、それらを踏まえ結婚を選択する人、さらに子供を望む人、このまま仕事をいつまでも頑張りたいと思う人、人それぞれの選択肢があるのです。

 

 

女性,妊娠,適齢期,ミトコア

ただし、酸素呼吸をしている以上、体の酸化(老化)は避けては通れません。

 

すべての細胞が日に日に酸化(老化)していくのは避けようがありませんし。

 

当然、卵子の酸化(老化)していきますし、精子も酸化(老化)していきます。

 

老化した卵子と精子では妊娠しにくくなるのは当然のことです。

 

しかし卵子や精子はイースタティックミネラル配合のミトコアで若返らせる事ができます。

 

以下がミトコアの効果がわかる動画です。いかがでしょうか?

 

 

 

妊娠適齢期を過ぎて不妊に悩んだら、ミトコアをぜひおためしください。

 

ミトコアはイースタティックミネラルのちからで、卵子や精子のミトコンドリアに働きかけ、卵子や精子を若返らせる効果が期待できます。

 

女性,妊娠,適齢期,ミトコア

 

 




このエントリーをはてなブックマークに追加