女性の妊娠しにくさチェック

女性の妊娠しにくさチェック表

女性の妊娠しにくさチェック

 

1,かなりの冷え性である
冷え性のじょせいの場合、血行が悪くなり代謝が下がっています。こうなるとホルモンバランスが崩れがちになります。冷えを改善することは血流を良くし子宮や卵巣への血流も増加します。

 

2,性病になったことがある
恥ずかしいからなどの理由で性感染症を放置し、治療を怠ると子宮や卵管、膣の内g部環境を悪化させてしまいます。クラミジアが悪化すると、子宮や卵管に炎症を発症することがあり、不妊の原因になってしまいます。

 

3,基礎体温を測ってもグラフがに2相になっていない★
基礎体温を計測しそのグラフが2相になっている場合は、ホルモンバランスもよく、きっちりと排卵が行われているはずであると推測出来ます。一方グラフが凸凹になっている場合は排卵に乱れが生じていることもあります。排卵が不規則では妊娠はしにくくなります。

 

4,骨盤内の手術をうけたことがある★
卵巣腫瘍や性感染症で骨盤内の手術をうけた場合、たまにですが卵管と腹膜の癒着をしている場合があります。この癒着により卵管が封鎖され卵子や精子が通過出来ないことがあります。

 

5,年齢が35歳より年上である
女性は年齢を重ねるに連れ体内にある卵子も同じように老化していきます。さらに卵巣の機能も老化によって低下し、卵巣や卵管、子宮内のトラブルも増えてきます。また、40歳以上になるとこれらのリスクがさらに高まります。

 

6,生理痛がひどい★
ひどい生理痛の場合、子宮内膜症や子宮腺筋症、チョコレート嚢腫といった病気の可能性もあります。これらの病気は子宮や卵管の組織に悪影響を及ぼうことが多いです。

 

7,月経の血量が少ないまたは多い★
月経の時の血の量が少ないまたは、少なすぎる時は無月経だったり無排卵性月経であることも。また多い時や多すぎる時には子宮内膜症や子宮腺筋症などの病気の場合もあります。

 

8,性交痛がある★
子宮内膜症や子宮腺筋症などの病気を患った場合は性交時の刺激や摩擦で痛みを生じることがあります。また膣内の炎症によっても痛みを生じることもあります。

 

9,痩せすぎ、太りすぎ
痩せすぎ、太りすぎの人はホルモンバランスが崩れることが多くなります。このため排卵がうまく出来ずに妊娠しにくくなります。
BMIで計算してください。BMI=体重(kg)÷身長(m)×身長(m)

 

BMIの標準値は22。妊娠しやすい体質には18.5〜25未満を目標にしましょう。

 

 

いかがでしたか。女性の場合チェックが6個以上な場合は特に要注意。★の質問に一つでもチェックがあった場合は、なるべく早く専門の医療機関で診察、検査をうけるようにしてください。これらの要因が不妊を引き起こしていることもあります。

 

5の項目にチェックがあった場合は、卵子の老化を防ぎ卵子のエネルギー源である卵子の細胞内にあるミトコンドリアに働きかけて、元気にし卵子を若返らせて質を上げて妊娠しやすい卵子にするミトコアというサプリをおすすめします。

 

ミトコアに配合されているイースタティックミネラルが卵子を元気にし、若返らせる効果が期待できるようです。ミトコアは今新しいタイプの妊活サプリとして口コミで人気があります。

 

高齢だが妊娠をしたいという女性に口コミで大人気のミトコアをぜひお試しください。

 

ミトコアの口コミや効果はこちらからミトコア口コミは?効果は?




このエントリーをはてなブックマークに追加