2人目不妊(続発性不妊)とミトコア

2人目不妊(続発性不妊)とミトコア

 

2人目不妊,続発性不妊,ミトコア

「一人っ子にするの?」「兄弟がいたほうがいいわよ。」そんな姑や周りのひとのデリカシーのない言葉に傷つくひとも多いようです。

 

2人目がなかなか授からない2人目不妊(続発性不妊)で悩でいる人は多いのです。

 

最初の子供を不妊治療で授かったカップルは「2人目も不妊治療で」と考えるのが普通ですが、1人目を自然妊娠で授かったカップルは自分たちが不妊であると感じにくいものですし、理解しづらいものです。

 

1人目を出産して、月経が再開し1〜2年経過しても妊娠しない場合は、妊娠しにくい原因がある可能性があります。

 

何人目であっても、女性の場合は年齢を重ねるほど、妊娠しにくくなります。

 

加齢によって卵子が酸化(老化)し、質が低下さらに受精能力も低下、37歳を過ぎると卵巣機能も低下してしまいます。

 

2人目不妊(続発性不妊)で悩んでいる人の話を聞くと、1人目も簡単に妊娠したという場合は少なく、こういったケースはもともと不妊症で、たまたま1人目を運良く授かったということも少なくありません。

 

出産後、育児などの生活環境の変化や、妊娠、出産などでホルモンバランスがくずれたり、男性の場合は精子の劣化や射精障害などなど不妊の原因は人それぞれです。

 

2人目不妊(続発性不妊)の原因や自分たちの年齢を考慮しながら、自分たちにとってふさわしい治療を行いましょう。

 

2人目不妊(続発性不妊)の検査は普通に行われている不妊検査と同じです。

 

検査の結果、原因が判明したらその治療を行います。

 

女性の年齢が30歳前半の場合はタイミング法を6回、その後人工授精を6回程度を目安に行ないます。

 

しかし、女性の年齢が37歳をオーバーしているときは、これよりも早くステップアップをするほうがいいでしょう。

 

また、女性が40歳を過ぎているときは体質的に妊娠はしづらくなっているので、不妊治療でいくのか、高度不妊治療でいくのかを早く決めてから治療を受けるほうがいいでしょう。

 

育児と同時に不妊治療を行うことは精神的にも肉体的にも、また経済的にも負担が増加しますし、治療を行っても確実に妊娠できるわけではありませんし、高齢出産のリスクも考えなければなりません。

 

2人目不妊(続発性不妊)のおもな原因はとしては

 

1,もともと不妊症

 

2,一人目の妊娠、出産によるホルモンバランスのくずれ

 

3,性感染症

 

4,セックスレス

 

5,原因不明

 

6,精子の劣化、射精障害

 

7,加齢による卵子の老化

 

があげられますがこの内の6、7の原因はミトコアで改善する効果が期待できます。

 

卵子の老化や精子の劣化には、ミトコアに含まれるイースタティックミネラルがいいみたいです。

 

 

 

 

イースタティックミネラルは卵子や精子のエネルギー源であるミトコンドリアに働きかけ、卵子や精子を若返らせてくれるようです。

 

若くて質のいい卵子と、元気な精子で不妊をサポートするのがミトコアです。

 

2人目不妊,続発性不妊,ミトコア

 

 




このエントリーをはてなブックマークに追加