不妊治療はなぜ高い?ミトコアで不妊治療費を抑える?

不妊治療はなぜ高い?ミトコアで不妊治療費を抑える?

 

不妊治療,なぜ,高い,ミトコア,不妊,解消

不妊治療の多くは保険が適用されないので、自己負担が多くなります。

 

このため不妊治療というと「お金がかかる。」「高額だ。」という考えが広まっています。

 

普通、ケガや病気で医療機関で治療を受けた場合は、健康保険が適用され患者は一部負担で済みます。

 

しかし、不妊治療では保険適用される範囲が狭くなっています。

 

例をあげると子宮や卵巣の機能障害やホルモン異常といった一般的な不妊治療では保険は適用されますが、高度不妊治療である体外受精や顕微授精では保険は適用されません。

 

つまりこれらの治療は全額自己負担になるのです。

 

体外受精にかかる費用は各々の施設で費用を決めていて、その金額は平均で30〜70万円程度です。

 

これをすべて自己負担するので治療費が高くなるのです。

 

地域によって治療費に差があるのは、人件費や立地に差があるためです。

 

人工授精や体外受精といった保険適用外の治療の費用はそれぞれの施設で、自由に金額を設定できます。

 

一般的に都会より田舎の施設の方が費用が安いのは、施設の家賃や人件費が安くすみ、その分を治療費に反映させているためです。

 

 

不妊治療費用の年間の総費用は

 

不妊治療,なぜ,高い,ミトコア,不妊,解消

 

グラフを見ると年間の不妊治療の費用は50万円以上かかっている人が半数を超えています。

 

130万円以上かかっている人もかなりいるようです。(月割にしても毎月10万円以上です。)

 

 

高額な治療費のために妊娠をあきらめようと思ったことは

 

不妊治療,なぜ,高い,ミトコア,不妊,解消

 

半数以上の方がノーの回答ですが、4割以上があると回答しています。

 

どうしても赤ちゃんが欲しいと思う気持ちと、実質経済的な問題とがせめぎ合っているようです。

 

こうして見ると不妊治療な高額な金額がかかるようです。

 

しかも高度不妊治療を行っても確実に妊娠をするわけではありません。

 

その確率は自然妊娠と同じ22%程度であるといわれています。

 

そんな高額な費用がかかる治療ですから、少しでもその確率を上げたいものです。

 

ミトコアなら卵子の質を上げたり、精子の運動能力を上げたりすることができるので、妊娠の確率を上げる効果が期待できます。

 

ミトコアに含まれる成分のイースタティックミネラルが、卵子や精子のミトコンドリアに働きかけ卵子や精子を若返らせる効果があるそうなんです。

 

ミトコアのこの効果により質の高い卵子、元気な精子を作り出し妊娠をサポートしてくれるようです。

 

35歳を超えた女性が妊娠を望むのなら、ミトコアも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

 

高額な不妊治療費を少しでも抑えたいカップルにもミトコアは人気があるようです。

 

ミトコアの口コミや効果はこちらからミトコア口コミは?効果は?

 




このエントリーをはてなブックマークに追加