男性の妊娠適齢期

男性の妊娠適齢期

 

一般的に女性の場合の妊娠適齢期は20歳〜35歳までといわれています。

 

男性の場合はこれほど明確ではありませんが、やはり妊娠適齢期があるようです。

 

精子の生産量が減ったり、精子の運動能力が低下すれば、当然妊娠の確率は下がります。

 

このように男性の精子の状態が妊娠する、しないの分かれ目になっているということは意外と知られていません。

 

精子は卵子とは違い加齢による劣化はしませんが、その機能はどうしても衰えていきます。

 

最初に精巣機能が衰え、それに伴い精子の数が減少していきます。

 

さら運動力も低下し、卵子に届きにくいといった弊害も生じます。

 

また、加齢により「テストステロン」という性欲のためのホルモンの分泌量が減ることで、性欲が低下していきます。

 

実際にはこの「テストステロン」の減少は25歳くらいから始まります。

 

意外と早い年齢から減少しているのです。

 

一つの分岐点として、だいたい40歳くらいから精子の造精機能が衰えだし、それに伴い精子の質が下がりはじめます。

 

このことから、男性の妊娠適齢期は40歳位までといわれるのです。

 

また、若い年齢で性行為を行い普通に射精していれば正常なので、妊娠させる事は可能であるという考え方が

 

一般的になっていることは不妊における問題の一つになっていることはあまり知られていないようです。

 

普通に射精するという普通とはどういうことでしょうか。

 

男性が女性を妊娠させるために必要な要素として

 

1,1回の精液が2ml以上あること

 

2,2000万個以上の精子の数があること

 

3,50%を超える精子の運動量があること

 

があげられます。

 

つまり射精をしたからといってこれらの条件を満たしているとは言えないのです。

 

そうです、誰もが妊娠させることができるとは限らないのです。

 

意外と男性はこのような話を聞くと驚くものです。

 

まさか自分が射精は正常なので、妊娠させることが出来ないはずはないと思い込んでいるのです。

 

これらのことから見ても男性の妊娠適齢期は誠意の質や運動量だけではなく、今後の体力面や家族を養うといった経済面から考えても、

 

少しでも早いうちから将来を考えた、判断が必要ではないでしょうか。

 

男女ともに言えることですが、妊娠を望むなら1日でも早い(若い)方が絶対に有利です。

 

そして男女の不妊に効果のあるミトコアを夫婦で試してみてください。

 

ミトコアは卵子、精子のミトコンドリアに働きかけ、若返らせる効果が期待できるそうです。

 

質のいい卵子、元気な精子で少しでも妊娠に近づける作用が期待できるサプリ、それがミトコアです。

 

今夫婦でミトコアを試している人が多くいます。

 

ミトコアは1日3粒飲むだけですので簡単ですし、これ一つで男女ともに効果があるのが人気のようです。

 

男性の妊娠適齢期

 




このエントリーをはてなブックマークに追加