妊娠しやすい体づくり

妊娠しやすい体づくり

 

ミトコアで卵子や精子の若返りを図り、さらに妊娠しやすい体づくりも同時に行いましょう。

 

 

 

妊娠しやすい体づくりの食事は?

 

・朝食は必ず食べる。理想は1日30品目。そのためにも朝食はきちんと食べましょう。脳の働きも良くなり、ホルモンのバランスも良くなります。

 

・ゴマを積極的に食べましょう。ゴマに含まれる必須脂肪酸は体内では作られません。ゴマを食べる時はすったほうが効果が上がります。

 

・植物性の油を1日おおさじ1杯程度はとりましょう。ダイエット中でも最低限この量はとりましょう。できれば精度の良いオリーブオイル。

 

・野菜は温野菜にして。こうすれば栄養を逃さず、体も冷やしません。(レンジでチンでOK)

 

・必要以上のカロリーは控えましょう。

 

・できれば毎食に果物を。ビタミンCが鉄分やミネラルの吸収を高めます。

 

・デザートは洋菓子より和菓子を。(ケーキよりはあんこのほうが体脂肪になりにくい)

 

妊娠をのぞむのならなるべく体を冷やさないようにしましょう。食べ物には体を温めるものと冷やすものがあります。体を温めるものを積極的に食べましょう。

 

体を温める食べ物と体を冷やす食べ物

 

妊娠しやすい体づくり

 

 

 

これらを参考に、体をあたためる食べ物を積極的に取り入れましょう。

 

妊娠しやすい体質になるには、とにかく体を温めること。冷え防ぐのも大事です。

 

食べ物、生活環境を見なおして少しでも妊娠しやすい体質になりましょう。

 

そして精子や卵子を若返らせるミトコアもあわせて飲むことで、より妊娠に近づくでしょう。

 

妊娠しやすい体づくり

 

 




このエントリーをはてなブックマークに追加